クラブの概要

CLP

CLP導入に際して

 次にあげる各項目を、導入の基本検討事項とした。

「導入目的」

(1) 当クラブは、その発足時から独自の工夫がなされていることに先ず敬意を表する。

(2) 組織の合理化・効率化をなお推進することにより、委員会の連携、協力体制を図りやすく且つ、より強固なものとし、効率的・多角的な活動を展開する。

(3) 委員会構成を、その機能別にシンプルに組織する。

(4) 当クラブの独自色を継承しつつ革新する。

「委員会・委員数の規模適正化」

(5) 会員数を考慮し、委員会の設置数との整合性を図る。

(6) 委員会数を調整することにより、所属委員数を適正規模とする。

(7) 適正規模の委員数が確保され、それによる活発な意見交換によって、当該委員会の活動に関する選択肢が多岐にわたり、新感覚の事業が期待される。

「委員の任期」

(8) 各委員は、その活動の密度を深めるため、同時に継続性を高めるためにも複数年、同じ委員会に属することを原則とする。

「委員長・事業担当」

(9) 委員長は、所掌する委員会の全ての事業について管理監督を行う。

(10)副委員長は、委員長を補佐し委員会活動をささえる。

(11)委員会に事業担当(担当委員長)を置き、各事業の企画・実施についての主たる役割を果たす。

(12)委員長は、各事業担当間の事業実施について、その内容・期日等の調整を図る。

(13)委員長は、委員の委員会出席はもとより、事業企画への積極的参画・実施協力を促すよう努める。

(14)委員長は、事業担当を兼務することを妨げない。

(15)委員長・副委員長・担当委員長は、その委員会内において年度当初に交代してもさしつかえない。

「理事定数・理事会」

(16)理事の定数と、現在の会員数との適正化を図る。

(17)定数を漸減し、意思の疎通および即決性の高い理事会運営とする。

(18)理事会は必要に応じ、事業担当をその事業に関する説明や意見を求めるために招聘すること及び、事業担当が事前に申し出ることにより出席することができる。ただし、議決権は有しない。

(19)会計は理事ではないが、職務上理事会に出席し且つ発言できるが議決には加わらない。また、直前会長はオブザーバーとして出席できる。

「定款・細則」

(20)より良い運営・組織構成を目指す導入であるため、当面は試行期間とし、定款および細則の改定は行わず、現行の意図するを読み替えて援用する。
ただし、おおむね3カ年を目安とし定款、細則の見直しをすることとする。

以上
(2008〜2009CLP導入検討担当 安宅 雅夫)



CLP試行実施および、クラブ細則の援用について

会長 安宅 雅夫

 R.I.は 2004年11月の理事会で「CLP」をすべてのクラブの組織機構として推奨できる効果的な管理的枠組みとして承認しました。
 その目的は「効果的な管理の枠組みを提供することにより ロータリークラブの強化を図る」ことに他ならないことは、会員各位ご承知の通りです。

 R.I.はそのなかで「効果的なクラブの定義」の要素として、以下の4項目を挙げています。

  • 会員基盤を維持、拡大する。
  • 地元地域社会ならびに 他の国々の地域社会のニーズを取り上げたプロジェクトを実施成功させる。
  • 資金の寄付およびプログラムへの参加を通じてロータリー財団を支援する。
  • クラブの枠を越えてロータリーにおいて奉仕できる指導者を育てる。

 そして、四大奉仕に基づくクラブの年間目標および長期目標達成にむけ事業を行うために、
  (1)クラブ管理運営委員会 (2)クラブ広報委員会 (3)会員増強・退会防止委員会
  (4)奉仕プロジェクト委員会 (5)ロータリー財団委員会
以上、5常任委員会をもって推奨委員会構成としています。

 このこと、つまり従来の四大奉仕を中心とする常任委員会とは全く違った考え方、即ち、機能別の委員会構成にすることを推奨しているため、四大奉仕を軽視した組織変更ではないかと誤解されるところなのかもしれません。

 しかしながら、「CLP」は、その採用を全てのクラブに強制している訳ではなく「全てのクラブがプランを検討し、自クラブの充実、改善に役立つと思われる部分を採用すべきである」としています。
 また、「クラブ指導者は、プランがクラブの目標に適い、クラブの独自性に反映させたものであり続けるよう、プランを毎年検討しなければならない」とも言っています。

 上記のことを指針とし、協議・検討を重ねた結果その導入の承認を得た訳です。
 然しながら本来、クラブ組織、手続き等を変更するには、クラブ細則の改定が必要となります。
 そこで、当クラブの最適なプランを模索し、新たな組織構成を検討・試行実施する期間を設け、その間は現細則を援用し「現委員会名を新委員会名に読み替える」という特例的運用を行います。

 そして次年度より3カ年を目処として、より効果的な運営のプランを検討し、修正を加えたうえでクラブ細則を変更し、新たなスタートをきることにしたいと考えていますのでご理解ください。

 最後に、CLP導入の最大のメリットは、この機会に自分のクラブの細則を見直し、当事者意識をもって、クラブを活性化する意欲をわかせることにあると信じます。
 また、四大奉仕を土台として、効果的なクラブ活動を展開するのは、委員会の名目よりも会員の熱意によるものでなければなりません。

 会員各位におかれましては、何卒ご理解、ご協力のほど宜しくお願いいたします。

重田政信(高崎北RC)元R.I理事の文章を一部引用(ロータリーの友)