クラブの概要

会長挨拶

学んで 知って 楽しもうロータリー

2018年〜2019年度 会長 内堀 茂

会長写真

 今年度のRI 会長テーマは「インスピレーションになろう」です。バリー・ラシン氏によれば、私達が思いつくひらめきや、霊感ではなく、Inspire、鼓舞する、発奮させるという意味で、Inspiration は事を起こす原動力になろう、仕掛人になろうとの意味だそうです。

 地区活動方針は、若林ガバナーの「ロータリーを知ろう、知ってもらおう」です。会長メッセージの「学んで 知って 楽しもうロータリー」と共通するものを感じます。積極的に行動力を持ってメッセージに取り組みたいと思います。

 いよいよ会長職がスタートします。副会長、エレクトとして2年間、地区研修・協議会、各委員長会議、IM、他クラブの記念事業、等々に参加してきました。その結果私自身がロータリーをほとんど理解していないのに気づかされました。このことが、メッセージの「学んで知って・・・」の大きな動機です。

 これからの金沢北ロータリークラブを託す世代の人達とともに、勉強会を立ち上げたいと強く思っています。テーマはロータリーの中核となる価値観、(奉仕)(親睦)(多様性)(高潔性)(リーダーシップ)の中から選びたいと思います。この勉強会が自己研鑽の場となりロータリーを熱く語る集団になると思っています。熱く語る仲間が集まり、この人達が同世代の仲間を増やすと信じています。

 ロータリーの歴史を知るのも大切なテーマだと思います。当クラブも45 年になります。先輩諸兄の皆さんには機会があるごとに当クラブの歴史の多くを語って頂き、語り合いの中から私達が次の世代へと繋ぎ語りたいと思います。

 他クラブの活動状況を知るということも必要だと思います。他クラブとの交流を図り、情報交換を行い各委員会の活性化につなげたいと思います。

 親睦はロータリーの中核の一つです。夜間例会、納涼例会、友好クラブへの親睦旅行、45周年記念例会、等々を通じて思いっきり楽しむ会にしたいと思います。また、45周年事業の一環で「シェきらり」の支援を行いたいと思います。

 金沢北ロータリークラブの全ての会員が会員であることの恩恵を充分に享受したいと考えます。またロータリーの素晴らしさを周りの多くの人に伝えたいと思っています。

 会長メッセージの思いを述べさして頂きました。不変のものと変化の必要なものを見極めながら向峠幹事と実行していきます。一年間よろしくお願いいたします。