クラブの概要

基本方針

国際ロータリーテーマ
ロータリー:変化をもたらす 「 ROTARY:MAKING A DIFFERENCE 」
RI 第2610 地区目標
クラブのカラーを出そう
金沢北RC 会長 メッセージ
ロータリーで自己実現
方針
次年度の重点目標は、
(1)クラブのサポートと強化
      効果的な戦略計画、クラブ会員基盤の多様性(年令、性別、職業)など
(2)人道的奉仕の重点化と増加
      ポリオ撲滅、6 つの重点分野の活動・支援、財団寄付や会員の増強、地域奉仕活動
(3)広報(公共イメージ)と認知度の向上
      奉仕活動を登録、数値化し、多様なメディアに紹介する。
計画実行
(1)職業奉仕活動の向上
      職業を通して、自己の可能性や潜在能力をできるだけ発揮し成長してゆく。
      例会に参加し、卓話や論語素読を通して修練を積む。
(2)社会奉仕活動の実践
      地区補助金も利用して、地域に貢献する奉仕活動をおこなう。
(3)クラブ奉仕活動の活性化
      会員および家族の親睦をさらに深める。
      家族も参加出来る夜間例会、魅力的な親睦旅行を計画する。
      各親睦クラブ、同好会の参加者を増やし、活性化する。
(4)会員の増強と退会の防止
      単年度に終わらない、経年的な取り組みを継続する。
      2016年規定審議会でクラブ運営の大幅な柔軟性が認められたが、会員種類の柔軟性
      を取り入れるべきか議論する。
(5)財団寄付の推奨
      税制上の優遇措置のあることも全員に周知して、財団寄付を推奨する。
      ポリオ撲滅など世界的なRI 本部活動を支援してゆく。